ACMF (アクティブ コモンモードフィルター)

◆ 当社ACMF(アクティブ コモンモード フィルター)の特徴
  •  ・CMOS プロセスで IC としてコモンモードフィルターを実現
  •  ・コモンモードノイズを広帯域かつ高効率に除去する高周波アナログIC
  •  ・監視カメラ、車載カメラLVDS、スマートTV用カメラなど、特に高画質伝送ラインで効果を発揮
 

 

 
 デジタル回路で使われる信号は非常に多くの周波数成分を含んでおり、特に高周波成分がノイズの発生源となることが多くなっています。また高速大容量通信に必須のシリアルデータ伝送では、高レベルのノイズ発生の原因となるとともに、伝送信号のレベルが小さいためノイズの影響を受けやすく、電子機器の誤作動を引き起こす大きな原因となっています。
 電波障害を引き起こすノイズは、ノーマルモードノイズとコモンモードノイズに大別されます。ノーマルモードノイズはコンデンサーやフェライトビーズ等のフィルターを使用することによって減衰させる対策が進んでいます。一方のコモンモードノイズは拡散しやすく、周辺機器にも影響を与えることが多くなります。とりわけ、USB、HDMI、LVDS等の高速インターフェースを通じてコモンモードノイズが発生する場合、高レベルのノイズを放射することが知られていま
 H&Tテクノロジーでは、CMOSプロセスで IC としてコモンモードフィルターを実現し、コモンモードノイズを広帯域にわたって効率的に除去できる新しいタイプのCMOS IC型のACMF(アクティブ コモンモード フィルター)製品を開発しました。特に、監視カメラ、車載カメラLVDS、スマートTV用カメラなど、特に高画質伝送ラインのノイズ対策、信号品質改善にお使いいただけます。

性能比較表

他社商品比較 ACMF  ESD保護内蔵型CMF コモン・モード・チョーク・コイル イコライザーIC
特長 低周波から高周波まで高減衰対応輻射ノイズへの減衰対応 TVS内蔵のコモン・モードフィルターに準じる 限定周波数帯域のみ高減衰 輻射ノイズへの減衰対応不可
価格  Ο  △  ◎  ×

 【製品ラインナップ】

 
東京都の「新製品・新技術開発助成事業」対象製品
  • ・HTT3003 mipi-DPHY 1.5Gbps 向け
  • ・HTT3102 Re-Driver IC for HDMI 向け